事業紹介 事業紹介

会社概要

弊社からのごあいさつと会社の概要をご紹介します。

ご挨拶

  • 食べることは生きること
  • 私どもワークアップは2002年3月、給食会社として設立し、高齢者福祉施設、保育園へと「真心・安心・喜心」をこめた「こころある食事」を提供し、今日まで歩みを進めてまいりました。

    「安心・安全な食事」「喜んでいただける食事」「おいしい食事」をお届けしたい。
    それは、お客様に寄り添った真心を込めたサービスを提供することです。
    お客さまのご期待やご要望に対し真摯に向き合い、創意工夫をし、喜んでいただくことが私どもの願いです。

    「食べることは生きること」身体と心が喜ぶものを食べると、生きる活力が湧いてきます。
    バランスのとれた献立とおいしく楽しく食べることは「健康に生きる」ことに対してとても大切なことです。
    私どもの「こころある食事」で皆さまが 「笑顔」になっていただけるよう努めてまいります。

    有限会社 ワークアップ

    代表取締役 高橋 美智子

  • お客様の満足が第一です
  • 私自身の経験から、昨今の食文化の変化、多様性が急速に進む中
    「食の安全、安心」という当たり前の事がフォーカスされております。「衛生面においては欧米諸国に大きく遅れている事を皆さんはご存じでしょうか?「日本の古くからの伝統が良くも悪くも引き継がれています。そのため厚生省より2020年に「HACCP」による衛生管理導入されます。「HACCP」とは原材料の入荷から製品の出荷に至る全ての工程の中であらゆる危害を予測しその危害を防止する為の重要管理点を特定し重点的に監視、記録する方式です。NASAの宇宙食を開発する時に作られた考え方。
    「今までの経験と「感」の調理方法ではなく数値化(時間、温度)する事により安全に加え一定レベルの製品を提供することが可能になります。いわゆる企業のスタンダードを高いレベルに押上る事に繋がって行くと考えられます。
    その事を踏まえ社内(厨房)の調理と食品衛生管理の「見える化」を実現して参りたいと思っております。今まで通りの「美味しい給食」の追求に加え「安全、安心」にも新しい制度と向き合い努力し成長していきたいと考えております。

    有限会社 ワークアップ

    専務取締役 寺内 悟志

    (新調理システム協会認定 専任講師)

  • 食を通じて地域社会・福祉に貢献を
  • 私たちは、食の安全・衛生を第一に、まごころ込めてお作りしたお食事をお届けいたします。
    食を通じて、地域社会・福祉に貢献できることを目標に頑張っています。

    有限会社 ワークアップ

    本部長 中井 智朗

  • 従業員が楽しく、前向きに働ける環境
  • 当社は共に働く仲間を大切にし、従業員が楽しく、前向きに働ける環境を整えています。だからこそ、企業理念にもある“主役はお客様”、“お客様の満足度の向上”が実現すると考えております。
    従業員の人間関係が良好であり、自分が他の仲間の役に立っていると感じ取れるのは幸せであります。その気持ちや心の余裕が、お客様を大切にしよう、喜んでもらおうという行動に繋がっていくのだと思います。
    当社にはこのような人を大切にする風土があります。今後はこの強みを揺るぎないものにすべく、仕組化、体系化し、お客様に心から喜んでいただけるサービスの提供につなげていきたいと思います。お客様、従業員、ひいては当社と関わる全ての人たちが幸せになれるような、無くてはならない会社に発展していけるよう、全力で努めて参ります。

    有限会社 ワークアップ

    埼玉統括責任者 鈴木 直人

会社概要

社名 有限会社 ワークアップ
代表取締役 高橋 美智子
本社 門真市上島町23-20-202
TEL : 072-812-5140(代表)
FAX:072-812-5141
設立年月日 平成14年2月26日
事業内容 1. 配食サービス
2. 給食サービス
資本金 300万円
従業員数

● 関西
・正社員13名
・パート17名

● 関東
・正社員 7名
・パート41名

主な取引先
(敬称略)
・特別養護老人ホーム
・ケアハウス
・グループホーム
・デイサービス
取引金融機関 ・関西みらい銀行
・池田泉州銀行
  • 本社地図